東京オリンピック活躍の久保建英にオファー殺到!レアルと友好関係築くソシエダが筆頭候補

 U-24日本代表MF久保建英は東京オリンピックの活躍により、獲得を検討しているクラブが続々現れているようだ。

東京オリンピックで輝き放つ久保建英 レアルは去就決断に頭抱える

 レアル・マドリードは久保の成長に満足していて、東京オリンピック終了後に話し合いを行う予定。すでに新シーズンに向けて多くのクラブが列をなしており、EU圏外の選手という理由も相まって久保は3シーズン連続レンタル移籍が決定的となっている。名乗りを上げるクラブで最も関心を示しているチームは、来季UEFAヨーロッパリーグに出場するレアル・ソシエダだ。両クラブ間は良好な関係を築いていて、イマノル・アルグアシル監督も久保を攻撃ユニットに組み込みたいと考えている。他にもマジョルカやブンデスリーガの複数クラブが興味を示しており、久保の去就に注目だ。

Photo Kaz Photography

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる