1年間プレーし続けているペドリ 「疲れているのは当然だけど…」

 この1年間、ペドリはサッカーを一切やめてない。昨シーズンはロナルド・クーマン監督率いるバルセロナのカギとなり、EURO2020ではルイス・エンリケ監督のカギとなり、そして今はスペインをオリンピックに導いた。

U-24日本、延長戦の死闘もあと一歩及ばず…アセンシオ弾でスペインに敗れ3位決定戦へ

 U-24スペイン代表は東京オリンピックU-24ブラジル代表との対戦が決まり、ペドリがこの12ヶ月間でどれだけサッカーをしてきたが注目が集まっている。U-24日本代表の翌日に疲労度を聞かれたペドリは、「いい気分だよ」と回答。「疲れていると言われるのは当たり前だけど、僕は毎試合しっかり休むようにしているよ。チームのためにすべてを捧げなければ、できる限り休まなければならない」と伝えた。

 またペドリは優勝候補ブラジルとの対戦に、「最初から決勝でブラジルと対戦したいと思っていた」と言及。さらにペドリはもし優勝すればカナリア諸島出身者として初の金メダル獲得となり、「最近まで全然その事を知らなかったんだよ、カナリア諸島を代表出来て誇りに思う。それが出来たらいい事だね」と語った。

Photo Francois Nel

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる