長谷部&鎌田出場のフランクフルトが大失態…3部クラブに負けまさかのポカール1回戦敗退

 DFBポカール1回戦が8日に開催され、長谷場誠と鎌田大地が所属するアイントラハト・フランクフルトが3部ヴァルトホーフ・マンハイムと対戦。原口元気と遠藤渓太が所属するウニオン・ベルリンは3部テュルクギュジュ・ミュンヘンと顔を合わせた。

原口元気が遠藤渓太の同僚に!来季UECL参戦のウニオン・ベルリンに加入

ヴァルトホーフ・マンハイム vs アイントラハト・フランクフルト
 鎌田がスタメンに名を連ね、後半開始から長谷部が出場したフランクフルトは、48分にCKからマンハイムに先制点を許してしまう。52分に追加点を決められてしまうと、マルティン・ヒンターエッガーが2枚目のイエローカードで退場処分に。フランクフルトは最後までゴールを決められず、2発黒星でまさかの1回戦敗退となった。

テュルクギュジュ・ミュンヘン vs ウニオン・ベルリン
 原口や遠藤がベンチスタートとなったウニオン・ベルリンは、23分にハイプレス仕掛けて高い位置でボールを奪取。ショートカウンターを発動してタイウォ・アウォニイがラストパスを送ると、マックス・クルゼが左足で流し込み先制点を挙げる。85分に原口が途中出場したウニオン・ベルリンは最後までリードを守り切り、1-0で次ラウンド突破を決めた。

Photo Alexander Scheuber

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる