イニエスタ、バルセロナ退団の盟友メッシに言及「長い間そばにいれて光栄だった」

 ヴィッセル神戸のアンドレス・イニエスタは、バルセロナを退団したリオネル・メッシに言及した。

メッシ、涙のバルセロナ退団会見「ここに残りたかった。だけど…」

 イニエスタは、ラ・リーガ規定で新契約締結が出来ずバルサを電撃退団となったメッシについて、Twitterで3枚の写真を添えて投稿。「僕たちは14年間一緒に暮らし、魔法のような瞬間もあればめちゃくちゃな瞬間もあったけど、いつも一緒にいた。君がいないクラブを想像したり、別のシャツを着た君をカンプ・ノウで見るのは難しいよ。幸運を祈る。レオ。一緒にプレー出来て嬉しかった」と伝えた。

 またイニエスタはスペイン『RTVE』の取材で、「彼は今だけでなく、毎年自分を越えてチームに影響を与えてきたことで、ナンバーワンになってきた」と応対。ヴィッセル神戸にメッシを連れてきたいかと質問され、「10番はフリーだけど、彼はそこに残ると思うよ」と笑顔で答えた。さらに自身の将来を聞かれたイニエスタは、「まだ時間はある。結局、経験があるからこそ安心して物事を吟味できる。今の時代、人々はより慎重になりキャリアは長く続いていく」と語っている。

 Photo Power Sport Images

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる