伊東先発ヘンクやレンジャーズがCL3次予選敗退…PSVは完勝でプレーオフ進出

 10日にUEFAチャンピオンズリーグ3次予選2ndレグが行われ、伊東純也が所属するヘンクがシャフタール・ドネツクの敵地に乗り込む。レンジャーズがマルモと、PSVがミッティランとの一戦に臨んだ。

ヘンク、伊東が先制点アシストも…シャフタールに敗れCL予選突破に黄色信号

シャフタール・ドネツク vs ヘンク
 伊東がスタメンに名を連ねたヘンクは次ラウンド突破に2点以上が必要だったものの、27分に先制点を許してしまう。76分にマルコス・アントニオに追加点を喫したヘンクは、終了間際に1点を返すも力及ばず。2戦合計2-4で、CL3次予選敗退となった。

レンジャーズ vs マルモ
 1stレグで敗れはするもアウェイゴール1つを持ち帰ったレンジャーズ。2ndレグでは18分にアルフレッド・モレロスがネットを揺らし、2戦合計でタイに戻す。数的優位となり俄然勢いづく状況となったが、後半開始早々53分にアントニオ=ミルコ・チョラクに失点を喫すると、4分後に再びチョラクに決められる。集中砲火を受けたレンジャーズが敗退となり、UEFAヨーロッパリーグのプレーオフに舞台を移した。

ミッティラン vs PSV
 1stレグではホームで快勝し、週末にはオランダ国内でタイトルを獲得したPSVは、今試合では一進一退の攻防を展開する。押し込まれる場面もあったものの、後半アディショナルタイムにブルーマがミドル弾を沈めて完封勝利。2戦合計4-0で完勝したPSVが、CLプレーオフにコマを進めた。

Photo BSR Agency

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる