【PLプレビュー】プレミアリーグ開幕!アーセナルは昇格組下し華々しいスタートなるか

 今夏は国際試合で大きな盛り上がりを見せる中、週末にプレミアリーグ2021-22シーズンがついに開幕する。オープニングマッチを飾るアーセナルは、昇格組ブレントフォードを下し華々しいスタートを切れるだろうか。

カラバオカップ2回戦組み合わせが決定 アーセナルが敵地でWBAと対決

マッチプレビュー
アーセナル
・今夏アーセナルに加入したベン・ホワイト、アルベル・サンビ・ロコンガ、ヌーノ・タバレスがデビューする可能性がある。
・トーマス・パーテイはプレシーズンマッチのチェルシー戦で足首を負傷。エディー・ヌケティアも足首を、ガブリエウ・マガンリャンイスは膝を痛めて欠場だ。
・ブレントフォードとの対戦は1947年5月ぶりとなり、公式戦6戦で一度しか勝っていない(1分4敗)。
・アーセナルは2000−01シーズンにサンダーランドに敗れてから、アウェイでのプレミアリーグ開幕戦では7戦無敗中(5勝2分)。昨シーズンは昇格組フラムに3-0で勝利した。

ブレントフォード
・昨シーズン2部リーグで31ゴールを挙げて得点王になったイヴァン・トニーは、首の痛みを訴え直近のバレンシア戦を欠場。
・ブレントフォードはプレミアリーグに挑戦する50番目のチームであり、ロンドンでは10クラブ目に。プレミア初挑戦で勝利したのは49クラブ中11チームのみで(15分23敗)、ロンドンのチームは一度もない(5分4敗)。
・同カードは1947年5月ぶりに実現し、当時はグリフィン・パークでブレントフォードが0-1でアーセナルに敗れた。
・13日の金曜日にプレミアの試合が行われるのは史上3回目。他2試合は2001年4月に実施され、ブラッドフォード・シティが2-0でチャールトンに、リーズ・ユナイテッドが2-1でリバプールに勝利した。

Photo Julian Finney

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる