【PLプレビュー】開幕戦で早速ビッグマッチ実現!去就不透明のケインの出場は…

 2021-22シーズン開幕戦で、トッテナム・ホットスパーとマンチェスター・シティのビッグマッチがいきなり実現。新シーズンの行方を占う重要な一戦である一方、注目が集まるのはハリー・ケインの去就だ。もしかすると、ケインがトッテナムのシャツを着てプレーするのは最後になるかも知れない。

これをすれば移籍確実⁉ 退団望む選手が起こした5つの言動

欠場者情報
トッテナム・ホットスパー
・退団希望を表明し練習も欠場していたハリー・ケインは、金曜からトレーニングに参加。出場の有無は直前に決断する。
・新加入クリスティアン・ロメロはケガで欠場が濃厚。ジャフェト・タンガンガが内転筋を痛めていたが、マンC戦までに回復する見込みだ。

マンチェスター・シティ
・EURO2020でケビン・デ・ブルイネが足首を、フィル・フォデンが膝を痛めてトッテナム戦欠場に。
・EUROやコパ・アメリカ決勝に参加していた選手らは休暇からチームに合流したばかりで、開幕戦でピッチに立つかは微妙だ。

マッチプレビュー
トッテナム・ホットスパー
・昨シーズンの開幕戦でエバートンに敗れたトッテナム。今試合も敗れれば2011~2013年以来の2シーズン連続黒星となる。
・トッテナムはマンCとのホーム3連勝中。今節も勝てば、対ジョゼップ・グアルディオラ最長のホーム連勝となる。
・ソン・フンミンはマンCと相性の良さを見せており、シチズンズよりゴール(6点)を決めた相手はサウサンプトンのみ(11点)。マンC戦ではホームで3連続弾を挙げている。

マンチェスター・シティ
・2011-12シーズンからマンCは開幕戦で勝利しており、120年前のアストン・ビラと並んで史上最長だ(1891-92〜1900-01)。
・王者マンCは昨シーズンのラスト4試合で2敗を喫し、計8失点を献上。それ以前はリーグ26試合で2敗しかしていなかった。
・開幕戦を4試合以上指揮した監督の中で、グアルディオラは唯一全試合で勝利している。5戦5勝を記録し、全14ゴールを叩き出した。

Photo Shaun Botterill

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる