ボルドーのナイジェリア代表FWが試合中に卒倒…意識戻りプレー続行も途中交代に

 ボルドーのナイジェリア代表FWサムエル・カルーは、マルセイユ戦で卒倒する緊急事態に陥った。

ウェールズがムーア弾で辛くもドロー デンマークはエリクセンが突然倒れる緊急事態

 23歳カルーはスタッド・ヴェロドロームで行われたリーグ・アン第2節マルセイユ戦で、開始6分にディミトリ・パイエがFKを蹴ろうとした際突然ピッチに倒れ込む。両チームの選手が駆け寄りすぐにメディカルスタッフの診断を仰ぐと、アイスパックを頭に当てチームメイトの助けを借りながら起き上がる。ピッチの外に出た後すぐに戻りプレーを再開したが、14分に途中交代となり試合は2-2の引き分けに終わった。試合中の卒倒は6月に開催されたEURO2020でデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンが心停止で倒れた場面と似ており、ボルドーのメディカルチームは原因究明を急いでいる。

Photo Johnny Fidelin

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる