PSG加入のメッシ、デビューは8月下旬ランス戦の見込み

 パリ・サンジェルマンのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、29日のスタッド・ドゥ・ランス戦でデビューする見込みのようだ。

PSGと2年契約を結んだメッシ、移籍の決め手はCL制覇と明かす「最もチャンスがあると思った」

 メッシはバルセロナからPSGに到着後3回目のトレーニングを月曜に行い、マウリシオ・ポチェティーノ監督率いるチームに合流するためフィットネスを調整。リーグ・アン第2節ストラスブール戦前にはお披露目セレモニーを行い、サポーターに挨拶をした。またメッシはアルゼンチン代表でコパ・アメリカを制覇した後、休暇からすぐバルサ退団会見を行ったため十分なプレシーズンを過ごせず。そのため今週末のブレスト戦では早すぎる判断され、敵地オーギュスト・ドゥローヌで開催されるリーグ・アン第4節ランス戦に焦点を当てているようだ。世界を震撼させたPSG電撃加入を果たしたメッシが、いよいよピッチに立つ日が来る。

 Photo David Rogers

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる