【PLプレビュー】開幕連敗は避けたいマンC…トッテナムはヌーノ監督の古巣ウルヴスと対決

 開幕戦ビッグマッチで明暗別れたマンチェスター・シティとトッテナム・ホットスパー。連敗避けたいマンCはホーム初戦に臨み、トッテナムは監督の古巣と激突する。

ソン・フンミンが左足一閃!ケイン不在のトッテナムが王者マンCに完封勝利!

マンチェスター・シティ vs ノリッジ・シティ
・マンCはホームでのノリッジ戦を得意としており、過去3試合は合計スコア14-1で圧倒。2020年7月に行われた直近の試合では、5-0で大勝している。
・歴代プレミア王者がホームで昇格組に敗れたのは、ここ58戦で2回のみ(48勝8分)。また前年度プレミア王者がホーム開幕戦で負けたのは、過去39シーズンでは2017-18シーズンのチェルシーだけだ(29勝9分)。
・マンCは直近の公式戦3試合で1ゴールも奪えず敗れていて、ジョゼップ・グアルディオラの監督キャリアにおいて、4連敗を喫したことや4戦無得点だったことは一度もない。またクラブが4連敗をしたのは2006年8月以来なく、無得点で4連敗は1986年3月まで遡る。

ウォルバーハンプトン vs トッテナム・ホットスパー
・トッテナムとウルヴスの対決は全コンペティションを合わせ今回で100度目を迎える。最後の対戦ではトッテナムが2発快勝を果たしていて、今節も勝利すれば2003-04シーズン以来の連勝となる。
・同カードは直近14試合の内、50%の割合でアウェイチームが勝利している(7勝3分4敗)。14回以上行われた対戦カードで同組み合わせよりアウェイ側の勝利が多いのは、レスター・シティとマンチェスター・シティのカードだけだ(20戦11勝、55%)。
・古巣対決を迎えるヌーノ・エスピリト・サント監督は、プレミアリーグでは8回目となるポルトガル人監督との対戦に臨む。

Photo Laurence Griffiths

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる