久保先発のマジョルカが今季初勝利!バルセロナはデパイの移籍後初ゴールで辛くもドロー

 ラ・リーガ第2節が21日に行われ、久保建英が所属するマジョルカがアラベスと対戦。バルセロナがアスレティック・ビルバオの敵地に乗り込んだ。

開幕戦がラストダンス?ブライトワイト、未だバルサの放出候補に

アラベス vs マジョルカ
 アラベスの原大智がベンチ外となり日本人対決はお預けとなった一戦は、スタメン出場を果たした久保がセットプレーでチャンスを創るなどマジョルカが攻め立てる。すると66分にアラベスのルベン・ドゥアルテが2枚目のイエローカードで退場となり数的優位に。ゴールに匂いを漂わせると、80分にフェルナンド・ニーニョが決勝弾を挙げ、マジョルカが1-0で今シーズン初勝利を手にした。

アスレティック・ビルバオ vs バルセロナ
 開幕戦勝利で好発進となったバルサだったが、今試合ではビルバオに苦戦。後半開始早々50分に先制点を許してしまう。追いかける立場となったバルサは75分、カウンターからメンフィス・デパイが移籍後初ゴールをゲットする。しかしエリック・ガルシアが退場となったバルサは追加点を奪えず、1-1のドローで開幕連勝とはならなかった。

Photo Soccrates Images

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる