移籍の噂に終止符!キミッヒがバイエルンと2025年まで契約延長

 ドイツ代表MFヨシュア・キミッヒは、バイエルン・ミュンヘンと2025年まで契約延長を締結した。

バイエルン、一度は2点差追い付かれるも…ニャブリ決勝ミドルでリーグ初勝利

 26歳キミッヒは2015年にRBライプツィヒからバイエルンに到着すると、ブンデスリーガやUEFAチャンピオンズリーグなど17個のトロフィーを獲得。残り2年契約を残す中クラブと長期在籍に向けた話し合いが進んでいき、2025年5月までの更新にサインした。キミッヒは契約延長に、「最も重要な理由は、バイエルンで毎日楽しく情熱をもってプレー出来ているという事だ」と喜びを語った。

「このチームで全てを達成できるだろうし、多くのチームメイトが本当の友人になっている。サッカーは楽しいものでなくてはならない。僕はまだ自分の成長が終わったと思っていないし、今後数年間バイエルンに多くの可能性があると確信している。その上で僕の家族はこの地で寛いでいるよ。ミュンヘンは第二の故郷みたいなものだ。こんな場所は世界中どこを探してもないよ」。

Photo Alexander Hassenstein

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる