レアルの新たな中盤の柱へ!バルベルデが2027年まで契約延長

 レアル・マドリードは、ウルグアイ代表MFフェデリコ・バルベルデと2027年まで契約延長を締結した。

ベンゼマが2023年まで契約延長!クラブ歴代5位の281得点を記録

 バルベルデの契約期間は2025年までとなっていたが、さらに2年延長してチーム内で最も長い契約に。バルベルデは2016年1月にレアルに加入し、Bチーム相当のカスティージャやデポルティーボにレンタルでプレー。サンティアゴ・ソラーリがトップチームの監督に就任すると出場機会が増えるようになり、ジネディーヌ・ジダン監督に交代後は重要な戦力に。豊富な運動量と戦術理解度の高さから、昨シーズンUEFAチャンピオンズリーグのリバプール戦では右サイドバックを務めた。レアルの中盤トリオが高齢化している事もあり、バルベルデが中盤の柱となる日もそう遠くないだろう。

Photo Xaume Olleros

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる