古橋開始3分弾でセルティックが菅原所属AZを撃破!三好先制点のアントワープはPK戦の末EL本戦出場

 UEFAヨーロッパリーグのプレーオフ2ndレグが26日に行われ、古橋亨梧が所属するセルティックが菅原由勢のAZと対戦。三好康児のロイヤル・アントワープはアモニアをホームに迎えた。

古橋亨梧が6戦6発!セルティック、菅原先発のAZにELプレーオフ先勝!

AZ vs セルティック
 ホームで先勝したセルティックは開始3分、リエル・アバダが裏のスペースに抜け出し、グラウンダーのクロスを供給。古橋が押し込みいきなり先生に成功する。その後はAZが猛反撃を仕掛け、3分後にザカリア・アブクラルが1点返すと、26分に菅原のクロスボールが相手DFのOGを誘発。それでもセルティックが最後までリードを守り切り、2戦合計3-2でAZを下しEL本戦出場を果たした。

ロイヤル・アントワープ vs アモニア
 1stレグで完敗を喫したアントワープは、28分に三好がディフェンスラインの背後に抜け出すと、GKの動きを見極め冷静なループシュートを沈める。必死に攻め立てるアントワープは84分にネットを揺らし、2戦合計2-2で同点に追いつく。PK戦まで突入した激闘は、後攻アントワープが三好を含め4人中3人が成功すると、先攻アモニアは5人中3人が失敗。PKスコア3-2で、アントワープが本戦の切符を手にした。

Photo ANP Sport

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる