【PLプレビュー】優勝候補が早くも激突!リバプールにとってトゥヘル・チェルシーは天敵⁉︎

 今シーズンのプレミアリーグで優勝候補に挙げられる、リバプールとチェルシーが早くも激突。ワールドクラスの選手が集う両チームの一戦は、アンフィールドで最高の盛り上がりを見せるだろう。

ジェラード、ルーニー、スアレス…移籍を阻止された8名の大物選手

欠場者情報
リバプール
・足首のケガを負っていたアンドリュー・ロバートソンが、チェルシー戦で復帰する可能性が浮上。父親に死からファビーニョが、第一子が誕生したアレックス・オクスレイド=チェンバレンがチームに合流した。
・ジェームズ・ミルナーは打撲のため、チェルシー戦欠場は決定的となっている。

チェルシー
・クリスティアン・プリシッチは直前のコロナウイルスの検査で陽性反応を確認。自主隔離となりリバプール戦は微妙だ。
・ハキム・ジイェフはUEFAスーパーカップで肩を痛め、エヌゴロ・カンテは足首にケガを負っていたが、直近の練習で復帰している。

マッチプレビュー
リバプール
・チェルシー戦ここ13試合で2回しか負けていないリバプールだが(6勝5分)、最後に行った最後の試合では敗戦している。
・両チームが対戦した最初の22試合ではホームチームが17勝5分で無敗。その後の36回の対戦では、ホームチームが12勝、アウェイチームが15勝を収めている。
・ユルゲン・クロップ監督はトーマス・トゥヘル監督した最初の13戦で1回しか黒星を喫していないが(9勝3分)、直近2試合で連敗中。
・サディオ・マネはチェルシーとの公式戦17試合で7ゴールを記録。マネがイングランドに到着してチェルシーより多くネットを揺らしたのは、クリスタル・パレス(12点)とアストン・ビラ(8点)だけだ。

チェルシー
・プレミアにおいてチェルシーは、アウェイでリバプールに7勝を挙げている。ブルーズよりリバプールに白星を飾ったのは、マンチェスター・ユナイテッドだけだ(12勝)。
・チェルシーとリバプールは今シーズン、開幕2連勝、2戦無失点、5得点でスタートしている。チェルシーが無失点で開幕3連勝となれば、2004-05、2005-06、2010-11に次いで4回目となる。
・ロメル・ルカクはリバプール戦最初の4試合で4ゴールを叩き出したが、以降は11戦でわずか1ゴールしか決めていない。

Photo Getty Images

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる