バイエルンがザビツァーと4年契約締結!移籍金19億円でライプツィヒ主将を引き抜き

 バイエルン・ミュンヘンは30日に、RBライプツィヒのマルセル・ザビツァー獲得を発表した。

CLグループステージ組み合わせが決定!南野所属のリバプール、アトレティコ、ポルト、ミランの死の組誕生

 27歳ザビツァーは2014年7月にライプツィヒに到着すると、通算229試合に出場して52ゴール42アシストを記録。晩年はレッドブル・アレーナでキャプテンマークを巻いていた。バイエルンは移籍金1500万ユーロ(約19億円)を支払い、ザビツァーと4年契約を締結。ザビツァーはバイエルンのオフィシャルサイトで、加入の喜びを語った。「バイエルンにプレーできてとても嬉しく思う。子供の頃からバイエルンのジャージは僕の大きな誇りで、毎年クリスマスに新しいジャージを買ってもらっていたよ。このクラブのために全てを捧げ、できるだけ多くの試合に勝ち多くのタイトルを獲得したいと思う」。

Photo Boris Streubel

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる