【なでしこリーグ】S世田谷やF日体大が接戦制す!アンジュが終盤猛追で意地のドロー

 プレナスなでしこリーグ1部第17節が4日に開催され、コノミヤ・スペランツァ大阪高槻とスフィーダ世田谷FCが対戦。日体大FIELDS横浜がASハリマアルビオンと、アンジュヴィオレ広島が大和シルフィードが激突した。

【なでしこリーグ】1ヶ月半ぶりにリーグ再開!仲松叶実2発で愛媛が逆転勝利

コノミヤ・スペランツァ大阪高槻 vs スフィーダ世田谷FC
 3試合勝利から遠ざかっているS世田谷は、14分に三本紗矢香が押し込み幸先よく先制に成功する。29分にコノミヤに同点に追い付かれるものの、2分後に金子ゆいがヘディングシュートを沈め勝ち越し弾を奪取。2-1で白星を挙げたS世田谷が4試合ぶり勝利を手にした。

日体大FIELDS横浜 vs ASハリマアルビオン
 逆転優勝に向けて一つでも多く勝ち点が欲しいF日体大は前半終了間際の41分、高橋亜美がディフェンスラインの背後にスルーパスを供給。フリーで受けた大西若菜が右足を振り抜き、F日体大が先制点をもぎ取る。結局このゴールが決勝点となり、F日体大が1-0で完封勝利を収めた。

アンジュヴィオレ広島 vs 大和シルフィード
 11分に大和Sに先制点を喫したアンジュは、28分に追加点を許す苦しい展開に。58分に1点を返すものの、73分にリードを広げられてしまう。それでも終盤に猛反撃を仕掛け、86分に神田若帆がネットを揺らし2分後には有田佳奈が同点弾をゲット。アンジュが脅威の追い上げを見せ、3-3のドローに持ち込んだ。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる