前代未聞のキックオフ直後に中止… メッシは保健当局の対応に不満露わ「なぜもっと前に言わなかった?」

 アルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、試合開始直後に中断を主張したブラジル保健当局に不満を露わにした。

ブラジルvsアルゼンチンが試合直後に中止に… 保健当局が突如ピッチに立ち入る

 FIFAワールドカップ南米予選第6節でブラジルと対戦したアルゼンチンだったが、キックオフ直後にブラジル保健当局のスタッフがピッチに立ち入り、アルゼンチンの4選手がコロナウイルスのガイドラインに違反していると告発。結局、一時中断となった試合はレフェリーが中止を判断し、南米サッカー連盟(CONMEBOL)がFIFAに懲罰報告書を提出する手筈となった。前代未聞の出来事に、メッシは待機中に関係者に不満を吐露。「僕たちは3日間もいたんだ。彼らは試合が始まるのを待っていたのか?なぜ事前に知らせなかった?もっと前に説明して解決できたはずだ」と話している様子が映し出されていた。

Photo Gustavo Pagano

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる