元フランス代表アダムス氏が73歳で死去…麻酔薬の投与ミスで約40年昏睡状態に

 元フランス代表DFでパリ・サンジェルマンのジャン=ピエール・アダムス氏が、39年間の昏睡状態の後、73歳で亡くなった。

 セネガル出身のアダムス氏は1977年から1979年までPSGでプレーし、フランス代表で22キャップを記録。ニームでは84試合、ニースでは145試合出場を果たしている。アダムス氏は1982年に膝の手術を受けた際、麻酔薬の投与ミスで心停止となり脳に損傷を負う。15ヶ月後に退院し自宅で妻ベルナデット氏が看病していたが、意識を取り戻すことはなく死亡が確認された。PSGは声明で、「アダムスの生きる喜び、カリスマ性、経験は尊敬を集めた」と哀悼の意を表す。またニームは「彼の愛する人たちと、彼の家族に心から追悼の意を示したい」と述べ、ニースは19日に行われるASモナコ戦とのホームゲームで黙とうを捧げると表明した。

 Photo Universal

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる