ペレ氏が腫瘍の除去手術受ける SNSで報告「笑顔でこの試合に臨む」

 サッカー界のレジェンドである元ブラジル代表ペレ氏が、結腸の腫瘍の摘出手術を受けたと伝えた。

歴代ベスト11の“バロンドール・ドリーム”が決定!メッシ、マラドーナ、ペレなど錚々たる選手がずらり

 1958年、1962年、そして1970年にブラジル代表のFIFAワールドカップ制覇に大きく貢献したペレ。今でもサッカー界で尊敬される人物で、記録した公式戦757ゴールはクリスティアーノ・ロナウドやヨーゼフ・ビカンに次いで多い数字だ。現在80歳のペレはInstagramで、大腸にできた腫瘍を除去する手術を行ったと投稿。「先週の土曜、右結腸の疑わしい腫瘍を取り除くために、手術を受けた。先週伝えた検査で腫瘍が確認されたんだ。幸いな事に、私は皆と一緒に勝利を祝うのに慣れている。家族や友人の愛に囲まれて笑顔で、楽観的に、生きる喜びをもってこの試合に臨む」と綴った。

Photo Gilbert Carrasquillo

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる