イングランドが終了間際に追い付かれドロー ドイツは圧巻4発でフリック体制3連勝

 FIFAワールドカップ欧州予選グループI・J第6節が8日に開催し、イングランドとポーランドの上位対決が実現。ドイツはアイスランドとの一戦に臨んだ。

イングランドが聖地ウェンブリーで圧巻4ゴール!ウェールズはベイルのハットで逆転勝利

ポーランド vs イングランド
 毎節順位が変動する激戦区となったグループIで迎えた上位対決は、スコアレスで折り返した72分にハリー・ケインが敵陣中央から右足を一閃。急激にドロップしたボールはゴール右に突き刺さり、イングランドがスコアを動かす。このまま試合終了かに見えた後半アディショナルタイム、ポーランドのダミアン・シマンスキが劇的ヘディング弾をゲット。注目の一戦は1-1で痛み分けのドローに終わった。

アイスランド vs ドイツ
 本来の実力を取り戻しつつあるドイツは、開始4分にセルジュ・ニャブリが電光石火の先制点を奪取する。勢い付くドイツは24分に、ペナルティエリア右で得たFKからアントニオ・リュディガーが追加点をゲット。56分にレロイ・ザネが強烈なシュートを突き刺すと、88分にティモ・ヴェルナーがトドメを刺して勝負あり。ドイツが4発白星で、ハンジ・フリック体制無傷の3連勝を果たした。

Photo Alex Grimm

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる