メッシの圧巻ハットでアルゼンチンが快勝!ウルグアイは後半AT弾で勝ち点3もぎ取る

 9日にFIFAワールドカップ南米予選第10戦が開催され、アルゼンチンがボリビアと対戦。ウルグアイがホームにエクアドルを迎えた。

前代未聞のキックオフ直後に中止… メッシは保健当局の対応に不満露わ「なぜもっと前に言わなかった?」

アルゼンチン vs ボリビア
 直近のブラジル戦が開始直後に中止となったアルゼンチンは、駆けつけたファンの前でリオネル・メッシが躍動。14分にDFを華麗に交わし、ペナルティアーク内で左足を振り抜き先制点をゲットする。後半に入りメッシはさらにギアを上げ、64分に右足シュートを放ち追加点を挙げると、88分にハットトリックを達成。エースの圧巻の活躍で、アルゼンチンが3発快勝を果たした。

ウルグアイ vs エクアドル
 エディンソン・カバーニとルイス・スアレスを欠くウルグアイは、3位に位置するエクアドルから勝利を奪いに行く。サイドからの攻撃を中心にチャンスを創出するウルグアイだったが、エクアドルの堅守に阻まれシュートまで持ち込めない。このまま引き分けかに見えた後半アディショナルタイム、ナイタン・ナンデスがペナルティエリア右脇からクロスを上げると、ガストン・ペレイロが値千金のヘディング弾。劇的展開で、ウルグアイが勝ち点3をもぎ取った。

 Photo Pool

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる