バイエルンがナーゲルスマン監督の古巣ライプツィヒを圧倒!4発白星で公式戦5連勝

 11日にブンデスリーガ第4節が行われ、バイエルン・ミュンヘンがRBライプツィヒと対戦した。

実業家、空手の達人、栄養学に精通…レバンドフスキの妻は超ハイスペック美女

 開幕戦こそ引き分けに終わったものの、その後は公式戦4連勝と好調ぶりを見せるバイエルン。ユリアン・ナーゲルスマン監督の古巣ライプツィヒ戦では、序盤にスコアが動き出す。ペナルティエリア内でDFがハンドを犯し、バイエルンがPKを獲得。ロベルト・レバンドフスキがゴール右隅に沈め、12分にバイエルンが先制点を奪う。

 リードしたバイエルンは後半開始早々47分、前節同様ジャマル・ムシアラが左足で流し込んで追加点をゲット。54分にはムシアラがペナルティエリア右からクロスを送り、レロイ・ザネがネットを揺らす。ライプツィヒに1点を返されたバイエルンは、後半アディショナルタイムにマキシム・シュポ=モティングがトドメを刺してタイムアップ。バイエルンが4-1でライプツィヒを下し、リーグ3連勝を達成した。

Photo Matthias Hangst

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる