イブラヒモビッチ復帰弾でミランが2発快勝!インテルは吉田得点のサンプドリアとドロー

 セリエA第3節が12日に実施され、ACミランがラツィオと激突。インテルは吉田麻也が所属するサンプドリアと対決した。

ミランやローマの新ストライカーが躍動!4発完勝で開幕2連勝

ACミラン vs ラツィオ
 連勝同士で迎えた今節屈指の好カードは、45分にミランがカウンターを発動し最後はラファエル・レオンが先制点を挙げる。さらにミランは60分に、負傷明けのズラタン・イブラヒモビッチが途中出場。すると7分後にアンテ・レビッチのラストパスをイブラヒモビッチが落ち着いて沈め、いきなり復帰弾を叩き出す。カウンターが奏功したミランが、2-0でラツィオを下した。

サンプドリア vs インテル
 財政難で主力放出を強いられるも、開幕2連勝と上々のスタートを切ったインテルは、18分にフェデリコ・ディマルコの鮮やかFK弾で先制に成功する。しかし33分に、CKの流れから最後は吉田に今シーズン初ゴールを決められて同点に。44分にラウタロ・マルティネスが勝ち越し弾を奪取するが、後半開始早々47分に再び失点。インテルがリードを守りきれず、2-2のドローで連勝がストップした。

Photo Emmanuele Ciancaglini

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる