18歳エリオットがリーズ戦で足首を負傷…近日中に手術が決定

 リバプールのハービー・エリオットは、足首の負傷で近日中に手術を受ける事が決定した。

サラーがプレミア通算100ゴール達成!リバプールが3発快勝で今季無敗キープ

 プレミアリーグ第4節リーズ・ユナイテッド戦に出場した18歳エリオットは、後半にパスカル・シュトライクの激しいタックルを受けピッチに倒れ込む。激しい痛みを訴えたエリオットは数分間ピッチで治療を受けた後、担架で運ばれ途中交代を強いられた。その後病院で詳しい検査を受けたエリオットは、足首の脱臼が確認され近日中に手術が決定。エリオットはInstagramで、「みんなメッセージをありがとう!回復に専念するよ。YNWA(You’ll Never Walk Alone)」と綴っている。一方で、昨シーズンにケガで長期離脱を経験したフィルジル・ファン・ダイクは、試合後のインタビューでエリオットにエールを送った。

「何よりもまず全ての想いと祈りをハービーに託し、できるだけ早い回復を願っている。接触の瞬間に横にいたサラーが叫んでいるの見て、本当に深刻な状態なんだなと思った。治療の期間は基本的に何もできないし、立ち止まったままで集中力を高めなければならないから難しい。僕たちはできる限り最善の方法で対処しなければならないんだ。だから僕は100%ハービーをサポートしたい。良いことなのはリバプールの全ての選手やスタッフが支えてくれること。彼らは僕が困難な時そばにいてくれたから、彼にもそうしてくれるだろう」。

Photo Laurence Griffiths

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる