劇的な逆転勝利を果たしたアトレティコ、シメオネ監督は後半の出来に満足「うまくやってくれた」

 アトレティコ・マドリードのディエゴ・シメオネ監督は、エスパニョール戦勝利に満足感を示した。

レアルが約1年半ぶりのベルナベウで5発大勝!アトレティコはレマル後半AT弾で劇的勝利

 ラ・リーガ第4節エスパニョール戦に臨んだアトレティコは、1点ビハインドで迎えた79分にヤニック・カラスコが同点弾をゲット。さらに後半アディショナルタイムに入った99分にトマ・レマルが豪快にネットを揺らし、劇的展開で2-1の逆転勝利を収めた。試合後シメオネ監督は幸せそうな笑顔でインタビューに応じ、チームの後半の修正力が勝利を手にしたと語っている。

「長いアディショナルタイムだったが、1つの試合でこれほど時間を浪費したことはなかった。結果的には自分たちに有利になったし、試合中に何が起こったか考えなければならない。前半の45分はエスパニョールが優勢だった。だから私は状況を変えるため、機能しなかった5-4-1から4-3-3に変えた。今試合から得られる一番の収穫は、後半に登場した5人の選手うまく試合を変えてくた事だ。名前がチームを作るんじゃなく、選手たちがチームを形作っていくんだ」。

Photo Eric Alonso

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる