モウリーニョが監督キャリア通算1000試合達成!記念すべき一戦を劇的勝利で祝う

 ASローマのジョゼ・モウリーニョは監督就任1000試合を達成し、メモリアルマッチで刺激的なゲームを演じた。

【クイズ】誰が言ったの?プレミアで活躍した選手や監督が残した名言5選

 58歳モウリーニョは12日に行われたサッスオーロ戦で、監督指揮1000試合目を達成する。2000年に監督キャリアをスタートさせたモウリーニョは、4年間トロフィーなしが続くも2004年にポルトでUEFAチャンピオンズリーグ優勝を達成。その後、チェルシー、インテル、レアル・マドリードなど数多くのビッグクラブを指揮し、これまで637勝204分158敗と驚異の成績を残した。

 記念すべき1000試合目はモウリーニョを象徴するかのような刺激的な一戦となり、1-1で迎えた後半アディショナルタイムにステファン・エル・シャーラウィが決勝弾をゲット。選手と共にサポーターの所まで駆け寄り、メモリアルマッチを劇的勝利で祝った。試合後の会見でモウリーニョは、「1000試合というのは大変な事で、負けたくなかったし負けるのが怖かった。信じられないような試合だった。58歳ではなく12歳のような気持ちになったよ」と語っている。

Photo Giuseppe Bellini

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる