テリーがついに指揮官デビューか 2部ノッティンガム・Fが新監督招聘を画策

 元イングランド代表DFジョン・テリーは、ノッティンガム・フォレストの監督就任を望んでいる。

テリーが3年間務めたビラのアシスタントを退任 本格的に監督業の道へ「今が適切だと思った」

 2018年10月からアストン・ビラのアシスタントコーチを務めていた40歳テリーは、7月に監督業に挑戦するため同職を退く。先日イギリス『Skysports』のインタビューに応じたテリーは、「私はいつでも監督の仕事を待っているよ」と言及。「シーズンが始まって1ヶ月が経ち、そろそろ仕事が舞い込んで来るかも知れないけど、今は準備を進め家族との時間を楽しんでいるよ」と伝えた。一方ノッティンガム・Fはクリス・ヒュートン監督が指揮を執っているが、今シーズンのチャンピオンシップで6戦未勝利と大苦戦。直近のカーディフ・シティ戦でも逆転負けを喫し、クラブは監督交代を画策している。

Photo Matthew Ashton – AMA

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる