【CLプレビュー】バルセロナが屈辱的大敗を喫したバイエルンと C・ロナウドは歴代最多出場タイへ

 欧州の頂点を決めるUEFAチャンピオンズリーグが今シーズンもいよいよ開幕。バルセロナはいきなり迎えたバイエルン・ミュンヘンとの一戦で悪夢を払拭できるか。

【CL】バイエルンが圧巻のゴールラッシュ!衝撃の8得点でバルサを完全撃破!

グループE
バルセロナ vs バイエルン・ミュンヘン
・両チームの最後の対戦は、歴史的試合となった2019-20シーズンの準々決勝。中立地ポルトガルでの一戦はバルサが大量失点を喫し、2-8で敗戦となった。
・バルサとバイエルンは過去に9回対戦した経験があり、引き分けに終わったのは一度のみ。バルサが3勝、バイエルンが5勝の成績を残している。
・マルク=アンドレ・テア・シュテーゲンは2014年にバルサに移籍するまでボルシア・メンヒェングラートバッハに在籍し、108試合で36回のクリーンシートを達成した。
・バイエルンがリオネル・メッシのいないバルサと対戦するのは1998年11月以来。当時は現スポーツディレクターのハサン・サリハミジッチ氏のゴールで2-1の勝利を収めた。

グループF
ヤングボーイズ vs マンチェスター・ユナイテッド
・マンUはCLでスイス勢に5割の勝率を残しており(4勝2分2敗)、全ての試合はバーゼルかヤングボーイズの対戦だ。
・マンUが過去21回のCL初戦の内、敗北を喫したのはルイス・ファン・ハール政権の2015-16シーズンのPSV戦のみ(13勝7分)
・クリスティアーノ・ロナウドが出場すれば177試合目となり、CL最多出場記録のイケル・カシージャスに並ぶ。C・ロナウドはCLで歴代最多の134ゴールを挙げていて、2003年から2009年に在籍していたマンUでは15得点を決めている。
・ヤングボーイズは2018-19シーズンにCL初出場を果たした際、グループステージ初戦の相手がマンUだった。ホームで0-3で敗れ、アウェイでも敗戦を喫している。

Photo Pool

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる