【CLプレビュー】前回王者チェルシーが登場!GS初戦は相性抜群のロシア勢と

 昨シーズンUEFAチャンピオンズリーグを制したチェルシーがついに今シーズンのグループステージを始動。レアル・マドリードしか成し遂げた事のない、大会連覇の超高難易度ミッションに挑む。

ほろ苦いデビューとなったサウール… トゥヘル監督が交代理由を説明「自信を失う前に代えた方が良いと…」

グループG
リール vs ヴォルフスブルク
・ヴォルフスブルクは2015-16シーズンにベスト8を達成して以来のCL挑戦に。
・同カードは2014-15シーズンUEFAヨーロッパリーグのグループステージぶりで、ヴォルフスブルクが1勝1分と勝ち越している。
・ヴォルフスブルクのヴォウト・ヴェフホルストは、昨シーズン25得点を叩き出したチームトップスコアラー。ヨーロッパの舞台でも2ゴールを挙げ、フランス王者リールの得点王ブラク・ユルマズより7ゴール上回っている。
・リーグは今シーズン芳しくないスタートを切っており、公式戦6試合でわずか2勝。リーグ戦では5試合で1勝しか出来ていない。

グループH
チェルシー vs ゼニト・サンクトペテルブルク
・両チームの欧州での対戦は今回が初めて。ただチェルシーはCLで、ロシア勢に6戦無敗だ(5勝1分)。
・チェルシーはCLグループステージで11戦無敗中(7勝4分)で、最後に敗れたのは2019年9月バレンシア戦まで遡る。2003-04シーズンから現在のGS形式となって以来、チェルシーがここまで無敗が続いたのは一度だけだ(13試合)。
・CL史において王者が翌シーズン初戦で負けたのは、27回中1994-95季のACミラン、2019-20季のリバプールのみ。ただ初戦がホームだった場合は、ここ18回で一度も負けていない(12勝6分)。
・ゼニトはイギリス勢とのアウェイ戦で勝利したことが1回あるが、直近3回でいずれも敗北。最後の対戦となった2013年2月UEFAヨーロッパリーグでのリバプール戦でも黒星を喫している。

Photo Visionhaus

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる