ポグバがマンU残留に前向き C・ロナウド電撃復帰で状況一変

 マンチェスター・ユナイテッドのポール・ポグバは、クリスティアーノ・ロナウドが電撃復帰を果たしたことで残留に前向きな姿勢を見せているようだ。

PSGが更なるビッグディール画策 マンU最終年のポグバに大型オファー提示か

 今シーズンのポグバは、7アシストを記録するなど目覚ましい活躍を披露。イギリス紙『Athletic』によると、C・ロナウド復帰やラファエル・ヴァランヌとジェイドン・サンチョの加入で、成功を確信したポグバは少なくとも現行2022年6月の契約までクラブに残り来年1月に延長交渉を再開すると報じた、またマンUのオーレ・グンナー・スールシャール監督は「彼は非常に良い働きをしている」とポグバを称賛。「今はプレーを楽しんでいるね。ポールがチームに貢献したいというのは分かっている。もちろんメディアがドレッシングルームやトレーニングの彼を見ることはないけど、彼の姿勢には感銘を受けている」と伝えた。

Photo Laurence Griffiths

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる