アヤックス、サードユニのデザインを一部変更…ボブ・マーリーの名曲インスパイアもUEFAに認められず

 アヤックスは、欧州サッカー連盟(UEFA)からボブ・マーリー氏をモチーフにしたサードユニフォームのデザイン変更を命じられた。

まるでマックのドナルド⁉︎ リバプールのサードユニフォームがSNSで話題に

 2021-22シーズンのアヤックスのサードユニは、ボブ・マーリー氏の名曲『スリー・リトル・バーズ』にインスパイアされた、黒を基調に赤、黄、緑がアクセントが施されたレゲエの代表色であるラスタカラーを採用。『スリー・リトル・バーズ』は2008年にスタジアムDJが流し始めたのがきっかけで、以来アヤックスのアンセムとして毎試合歌われていた。11日のエールディビジ第4節で初お披露目となったサードキットだが、背面にいたはずの3羽の小鳥が消えたデザインに。オランダメディア『Ajax Life』によると、UEFAから表現として認められず変更を余儀なくされたと報じた。

Photo Soccrates Images

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる