元マンUのFWが飲酒運転…基準値3倍のアルコール検出、運転禁止&罰金処分に

 マンチェスター・ユナイテッドやボルトン・ワンダラーズでプレーしたクリス・イーグルス氏は、飲酒運転で3ヶ月の免許停止となった。

シェフィールド・Uの23歳FWが路上で男性に暴行…SNS上で動画が拡散

 35歳イーグルスは3月頃に、7万ポンド(約1100万円)のアウディに乗車中に通報を受けた警察から声を掛けられ、呼気検査で基準値の3倍以上となるアルコールが検出される。現行犯逮捕となり、警察が到着した際には靴など部分的に服を着ていない状態で、ハンドルにうつむいたままだったようだ。法廷でイーグルスは、元ガールフレンドでイギリス出身女優ジェニファー・メトカーフの家の前で発見された当時を振り返り、飲酒運転していたと認める。宮市亮の元同僚イーグルスは3ヶ月の運転禁止、1250ポンド(約19万円)の罰金ならびに275ポンド(約4万円)の起訴費用支払いを命じられた。

 Photo Stu Forster

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる