ワン=ビサカ退場のマンUが屈辱の逆転負け…ビジャレアルは終盤に追い付かれドロー

 14日にUEFAチャンピオンズリーググループF第1節が開催され、マンチェスター・ユナイテッドがヤングボーイズと対戦。ビジャレアルがホームにアタランタを迎えた。

【CLプレビュー】バルセロナが屈辱的大敗を喫したバイエルンと C・ロナウドは歴代最多出場タイへ

ヤングボーイズ vs マンチェスター・ユナイテッド
 CL最多出場記録タイとなったクリスティアーノ・ロナウドが13分に先制点を奪ったマンUは、36分にアーロン・ワン=ビサカが危険なプレーで一発退場となってしまう。すると後半に入りヤングボーイズの猛反撃に遭い、66分に同点弾を献上。後半アディショナルタイムには劇的ゴールを奪われ、マンUが1-2で屈辱の逆転負けを喫した。

ビジャレアル vs アタランタ
 UEFAヨーロッパリーグ王者としてCLに臨むビジャレアルは、キックオフ直後の6分にアタランタに先制点を許してしまう。それでも39分に、ゴール前でフリーとなったマヌ・トリゲロスが同点弾をゲット。73分にはアルノー・グルンフェルトが逆転ゴールを挙げる。このままビジャレアル勝利かに見えた83分、アタランタに痛恨の失点。ビジャレアルが終盤に追いつかれ、2-2のドローに終わった。

Photo Matthias Hangst

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる