【CLプレビュー】リバプールとミランの名勝負再び!昨シーズン準優勝マンCはライプツィヒを迎え撃つ

 昨シーズンは惜しくも準優勝に終わったマンチェスター・シティが、今シーズンはリベンジに臨む。2度のファイナルで名勝負を演じたリバプールとACミランが、グループステージで相対する。

CLグループステージ組み合わせが決定!南野所属のリバプール、アトレティコ、ポルト、ミランの死の組誕生

グループA
マンチェスター・シティ vs RBライプツィヒ
・欧州の舞台では初対決の同カード。マンCは昨シーズンのドイツ勢との対戦で、4試合全勝を成し遂げている。
・マンCのジョゼップ・グアルディオラ監督は、CLグループステージでここ17試合無敗(13勝4分)。マンCを指揮してからGS30試合で3敗しかしておらず、最後の敗北は2018年9月のリヨン戦まで遡る。
・マンCはこれまでCL90戦49勝(16分25敗)の成績を残しており、あと1勝で50勝達成に。これは2003年にレアル・マドリードが88試合で成し遂げた50勝に次ぐ、大会史上2番目に早い記録となる。
・ライプツィヒはイングランド勢との対戦で2勝して以来、昨シーズンのリバプール戦を含め直近4戦で3敗と負け越している。

グループB
リバプール vs ACミラン
・両チームが激突したのは過去2回しかなく、いずれもCL決勝で実現。2005年にはリバプールが「イスタンブールの奇跡」と言われる試合でPK戦の末勝利、2007年にはミランが2-1でリベンジを果たしている。
・2017-18シーズン以来リバプールはCLで25勝を挙げていて、より多くの白星を手にしているのはバイエルン・ミュンヘン(31勝)とマンチェスター・シティ(30勝)のみ。実際に、同期間でリバプールより得点を決めているのもこの2チームだけだ。
・欧州の舞台でイタリア勢とのホームゲームでは、初対戦から7戦で無敗だったリバプール(6勝1分)。しかし直近の2試合では1分1敗と勝てていない。
・ミランが欧州大会でイギリス勢に勝利したのは、直近13試合で一度のみ(4分8敗)。ちなみのこの13戦は、1試合を除き全てCLかELのラウンド16で行われた。

Photo Laurence Griffiths

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる