エリオット、左足首の手術が成功 今シーズン中の復帰を目指す

 リバプールのハービー・エリオットは足首の手術が成功し、今シーズン中の復帰を目指している。

18歳エリオットがリーズ戦で足首を負傷…近日中に手術が決定

 18歳エリオットはプレミアリーグ第4節リーズ・ユナイテッド戦に出場し、パスカル・シュトライクのタックルを受けて足首を負傷。検査の結果、左足首の骨折と靭帯損傷が確認され、14日にロンドンで手術を行った。エリオットは今後リハビリプログラムを開始していき、リバプールの理学療法士や執刀医のジム・モクソン医師は、今シーズン中の復帰は可能と語っている。「ピッチ上ですぐに脱臼を抑えることができ、ハービーは骨折と損傷した靭帯を修復する手術を行なった。無事成功し、これからカムバックが始まる。自信を持って言えるのは、リハビリプログラムを達成すればシーズン後半には再びプレーできるだろう。具体的な期間を設定してプレッシャーをかけるつもりはない」。

 Photo Michael Regan

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる