C・ロナウドのシュートが女性警備員に直撃…試合後“7番”ユニフォームを贈る粋な謝罪

 マンチェスター・ユナイテッドのクリスティアーノ・ロナウドは、誤って警備員をノックアウトしてしまったようだ。

ワン=ビサカ退場のマンUが屈辱の逆転負け…ビジャレアルは終盤に追い付かれドロー

 UEFAチャンピオンズリーグのヤングボーイズ戦で、ウォーミングアップ中にC・ロナウドがシュート練習を行った際ゴールの外に飛んだボールが女性警備員の頭部に直撃。女性は地面に蹲りC・ロナウドもすぐに様子を見にいく中、幸い大事には至らず手当てしたメディカルスタッフも無事を確認した。試合ではCL歴代最多出場記録タイとなったC・ロナウドが、13分に先制点を記録。するとゲーム終了後、C・ロナウドが自身のユニフォームを女性警備員にプレゼントして謝罪したようだ。試合は前半に退場者を出したマンUが1-2で負けたものの、ハートフルなシーンが見られた。

Photo Matthias Hangst

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる