驚異的な記録がついにストップ…サラー、PK失敗は実に4年ぶりの出来事に

 リバプールのモハメド・サラーは、ACミラン戦で驚異的な記録に終止符を打ったようだ。

主将ヘンダーソンが決勝ボレー弾!リバプールがアンフィールドでミランに逆転勝利!

 UEFAチャンピオンズリーグのグループステージでミランを本拠地アンフィールドに迎えたリバプールは、開始9分にOGで先制点をゲット。数分後にはアンドリュー・ロバートソンのシュートがペナルティエリア内でDFの手に当たり、PKのチャンスをゲットした。ところが、キッカーのサラーは思い切りよく左足を振り抜くと、GKマイク・メニャンが横っ飛びでファインセーブ。サラーがPKを外してのは2017年10月のハダースフィールド・タウン以来4年ぶりで、それまで17本のPKを成功していた。これによりサラーのPK成功率は88.8%となってしまったものの、チームは情熱的な展開で3-2の逆転勝利を収めている。

Photo Matthew Ashton – AMA

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる