ポグバが来夏ユベントス復帰? 敏腕代理人ライオラが示唆「可能性はある」

 敏腕代理人ミノ・ライオラ氏は、マンチェスター・ユナイテッドのポール・ポグバの去就に言及した。

ポグバがマンU残留に前向き C・ロナウド電撃復帰で状況一変

 ポグバはマンUとの契約が2022年6月までとなっていて、今後のマーケットで移籍の噂が浮上。パリ・サンジェルマンやレアル・マドリードが関心を寄せており、ビッグディールが囁かれている。そんな中ポグバの代理人を務めるライオラ氏は、イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』で去就に言及。「ポグバの契約は来年で切れる。私たちはマンUと話をしようと思う。ユーベに戻る可能性もあるが、それはユーベ次第だ」と伝えた。ポグバは2011-12シーズンにマンUからユーベに加入し、4年間で124試合に出場。セリエA4連覇、コッパ・イタリア2回、スーペル・コッパ2回などのタイトルを獲得した後、2016年にマンUに復帰した。

Photo Catherine Ivill

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる