【PLプレビュー】トッテナム、負傷者続出も南米出身選手が復帰 好調チェルシー相手に勝利を狙う

 連勝がストップしたのみならず、試合ごとに負傷者が続出するトッテナム・ホットスパー。ただ、ワールドカップ南米予選に参加していた選手らが出場可能の朗報も。不安と期待が入り混じる中、好調チェルシー相手に勝利を手にしたいところだ。

国内好調ローマが5ゴール大勝!優勝候補トッテナムは敵地で苦戦しドロー

欠場者情報
トッテナム・ホットスパー
・ソン・フンミンがふくらはぎの負傷で欠場。エリック・ダイア―も膝を痛め、南米遠征に参加し自主隔離となっていた3選手は、チェルシー戦で復帰の予定だ。
・UEFAヨーロッパカンファレンスリーグで、ステフェン・ベルフバインとルーカス・モウラが負傷離脱に。
・ジャフェット・タンガンガがクリスタル・パレス戦で退場処分に。ライアン・セセニョンはハムストリングの負傷でチェルシー戦は欠場だ。

チェルシー
・負傷中だったエヌゴロ・カンテは、回復を遂げトッテナム戦出場の可能性が浮上。ただクリスティアン・プリシッチは、足首のケガで引き続き欠場だ。

“庶民派”カンテ、格安スーパーで買い物&写真撮影に笑顔で対応

マッチプレビュー
トッテナム・ホットスパー
・トッテナムはチェルシーに対して、どのクラブよりもプレミアでゴールを決めている(103点)。一方でチェルシーには、マンチェスター・ユナイテッド(36回)に次いで多く負けている(31回)。
・トッテナムは過去6回のロンドン勢対決で4敗を喫しており、以前18戦の敗北数と同じ数字に。現在2連敗中で、最後に3連敗したのは2005年8月時の相手もチェルシーだった。
・トッテナムがプレミアリーグで開幕ホーム3連勝を果たしたのは、2000-01と2002-03の2回のみ。それでも、本拠地でのリーグ戦はここ10戦で8勝していて、その間6回クリーンシートを成し遂げている。

チェルシー
・チェルシーはトッテナムとのリーグ戦アウェイで現在2連勝中。3連勝となれば2005年8月以来となる。
・ロンドン勢とのアウェイ戦で5連勝中のチェルシーは、6連勝となればリーグ史上初記録となる。
・トーマス・トゥヘル監督はリーグ戦で、23試合中13回クリーンシート達成。これは、特定のクラブで指揮した監督で最高のクリーンシート率だ(61%)。

Photo Clive Rose

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる