首位伊賀FC、今季最多6発で優勝ほぼ手中に!ASハリマは中野AT弾で劇的勝利

 プレナスなでしこリーグ第18節が18日に開催され、伊賀FCくノ一三重が愛媛FCレディースと激突。ASハリマアルビオンがアンジュヴィオレ広島と相対した。

【なでしこリーグ】浜野ハットなどC大阪堺が6発圧勝!伊賀FCは杉田劇的弾で勝利もぎ取る

愛媛FCレディース vs 伊賀FCくノ一三重
 首位独走の伊賀FCは、23分に得点ランクトップを走る西川明花が先制点をゲット。3分後に中村ひかるが追加点を挙げると、36分には得点ランク2位の杉田亜未にもゴールが生まれる。後半開始早々に西川が今シーズン16得点目を叩き出し、68分に三橋明香、76分に鈴木千尋がネットを揺らして勝負あり。伊賀FCが今季最多の6ゴールを決め、優勝をほぼ手中に収めた。

ASハリマアルビオン vs アンジュヴィオレ広島
 13分にアンジュに先制点を喫したASハリマは、36分に髙橋楓姫がスコアをタイに戻すと、後半キックオフ間もない48分に新堀華波が逆転弾を挙げる。ところが終盤の82分に、アンジュの神田若帆に同点ゴールを献上してしまう。このまま引き分けかに見えた後半アディショナルタイム、キャプテン中野里乃が値千金の勝ち越し弾を奪取。劇的展開で、ASハリマが3-2で勝利を手にした。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる