パイレーツ延長戦の末に逆転サヨナラ負け 筒香嘉智はチャンスに代打で凡退

【パイレーツ5-6xマーリンズ】(延長10回タイブレーク)@ローンデポ・パーク

 パイレーツは4対4の同点で迎えた10回表にベン・ギャメルの犠飛で勝ち越しに成功したが、6番手チャド・クールが10回裏先頭のルウィン・ディアスに6号2ランを浴びて逆転サヨナラ負け。マーリンズ3連戦のスイープを逃した。10回表を犠飛による1失点のみに抑えたマーリンズ5番手スティーブン・オカートが今季2勝目(1敗)をマーク。逆転サヨナラ2ランを浴びたクールには今季7敗目(5勝)が記録された。

 2対3と1点ビハインドで迎えた9回表、パイレーツは一死1塁からパク・ヒョジュンが3号2ランを放ち、逆転に成功。しかし、5番手クリス・ストラットンがこのリードを守れず、9回裏二死3塁からブライアン・デラクルーズのタイムリーで同点に追いつかれた。10回表にギャメルの犠飛で勝ち越したものの、10回裏にクールが痛恨の被弾。敵地でのマーリンズ3連戦をスイープすることはできなかった。

 パイレーツの筒香嘉智はベンチスタートとなり、1点ビハインドの7回表無死1・3塁のチャンスで投手の代打として登場。カウント2-2からの6球目、高めのスライダーを打ってセンターへの浅いフライに倒れ、走者をホームへ迎え入れることはできなかった。1打数0安打に終わり、今季の打率は.217、OPSは.713。パイレーツ移籍後の成績は30試合で打率.296(81打数24安打)、7本塁打、19打点、OPS1.044となっている。

引用元 :mlb.jp photo – MLB Advanced Media

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

神戸出身。2001年、地元オリックスのスーパースターであるイチローのマリナーズ移籍をきっかけに本格的にMLBに興味を持つ。2016年に完全オリジナルのMLB選手名鑑を自費出版したことがきっかけでMLBライターに。2021年にはSPOZONE(現SPOTVNOW)で解説者デビュー。Twitter:@y_MuLB

目次
閉じる