インテルが自慢の得点力発揮!好調フィオレンティーナに逆転勝利で無敗キープ

 セリエA第5節が21日に実施され、インテルがフィオレンティーナとの一戦に臨んだ。

インテルがCL敗戦のうっ憤晴らすゴールショー!大量6ゴールで好調ボローニャを撃破

 失点こそするもそれを上回る得点力で勝利を積み重ねるインテル。前節成し遂げたゴールラッシュが期待されるが、今試合では好調フィオレンティーナに苦戦を強いられる。序盤から勢いのある攻撃に手を焼くと、23分にゴール前でフリーとなったリッカルド・ソッティルに先制弾を許してしまう。反撃の糸を掴めないまま、インテルの1点ビハインドで折り返す。

 劣勢に立たされたインテルだったものの、後半開始早々から逆襲を開始する。52分に手数の少ない攻めを展開し、最後はマッテオ・ダルミアンが同点弾を奪取。さらに3分後には右CKからハカン・チャルハノールがクロスを送り、エディン・ゼコがヘディング弾を叩き込む。数的優位を得たインテルは87分にイバン・ペリシッチがトドメを刺し、3-1の逆転勝利で暫定首位に浮上した。

Photo Gabriele Maltinti

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる