3戦勝利なしと不振に陥るバルセロナ…ピケは現状の好転誓う「みんな勝ちたがっている」

 バルセロナのジェラール・ピケは、チームの現状に言及し好転させるため努力すると伝えた。

司令塔デヨングがまさかの退場…バルセロナ、スコアレスで公式戦3試合勝利なし

 リオネル・メッシ退団により新時代への舵切りを求められるバルサは、UEFAチャンピオンズリーグでバイエルン・ミュンヘンに完敗するなど不振に。直近のカディス戦ではスコアレスドローに終わり、公式戦3試合未勝利と苦しい時期を過ごしている。ロナウド・クーマン監督解任が囁かれる中、ピケはカディス戦後インタビューに応じ、パフォーマンス向上のため最善と尽くすと語った。

「僕たちは今、慣れない状況に置かれている。会長や監督の交代で激動の数年間を過ごしている。心の安らぎを与えるために、一緒にベストを尽くさなければならない。勝ちたいと言う気持ちは誰にでもあるんだ。みんなで文句言うこともできるし、働くこともできる。対処法はいくらでもあるけど、選手たちは好転させるために働いている。もちろん2位や3位になるためにバルサのシャツは着ていない。トロフィーを獲得するためにここにいるんだ」。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる