【PLプレビュー】昨季CL決勝カード実現!チェルシーは対ペップ・シティ初の4連勝なるか

 昨シーズンUEFAチャンピオンズリーグ決勝で激突した同カードが、今シーズンのプレミアリーグで早くも実現。チェルシーはスタジアムに駆けつけたサポーターの前で、勝利の栄光を再び味わうことができるか。

M・アロンソが人種差別反対ジェスチャーを変更 片膝立ちからバッジ指差しに「色々なやり方があっていい」

欠場者情報
チェルシー
・メイソン・マウントはカラバオカップ3回戦アストン・ビラ戦で打撲を負い、軽傷であるもののマンC戦は欠場となった。
・股関節を痛めたGKエドゥアルド・メンディは出場が微妙に。クリスティアン・プリシッチは、足首のケガで引き続き欠場だ。

マンチェスター・シティ
・イルカイ・ギュンドアンとオレクサンドル・ジンチェンコは軽傷を抱えチェルシー戦欠場に。父親の葬儀でカラバオカップを欠場したネイサン・アケーはすでにチームに復帰している。

マッチプレビュー
チェルシー
・FAカップ、プレミアリーグ、UEFAチャンピオンズリーグでマンCに勝利したチェルシー。今試合でも白星を挙げれば、ジョゼップ・グアルディオラ体制のマンCに初めて4連勝を成し遂げる。
・同カードはプレミア過去12回の対戦で引き分けが一度もなく、チェルシーが5勝7敗と負け越している。
・OGを除くと、今シーズンのチェルシーはリーグ5試合で10選手がゴールを記録。開幕5試合までで10人の異なる選手がネットを揺らしたのは、2009-10シーズンのアーセナルだけだ(4試合)。
・トーマス・トゥヘル監督が就任してから、チェルシーは堅牢な守備を披露している。リーグ24試合で15回クリーンシートを達成しており、他のどのクラブよりも多い。

マンチェスター・シティ
・チェルシーとのアウェイ戦でリーグ6戦3勝を収めているマンC。これは以前23戦の勝利数を上回っており、1955年1月以来のトップリーグでのチェルシー戦アウェイ連勝を狙う。
・両チームは今シーズンのプレミアで抜群の守備を誇っていて、喫した失点はわずか1つ(リバプールも同様)。
・ケビン・デ・ブルイネはチェルシー戦リーグ直近3試合で得点を記録。古巣に4戦連続弾となれば、ニューカッスル・ユナイテッド相手にクレイグ・ベラミーが成し遂げて以来となる(2007〜2011)。

 Photo Carl Recine – Pool

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる