解任囁かれるクーマン監督…レフェリー猛抗議でリーグ2試合ベンチ入り禁止に

 バルセロナのロナルド・クーマン監督は、退席処分によりラ・リーガ2試合のベンチ入り禁止処分となった。

バルセロナがクーマン監督解任を画策…10月の代表期間に指揮官交代か

 ラ・リーガ第6節カディス戦に臨んだバルサは、フレンキー・デヨングが退場になるなど本拠地カンプ・ノウで圧倒できず。スコアレスドローに終わり、公式戦3試合勝利なしとなった。クーマン監督は後半アディショナルタイムに、セルヒオ・ブスケッツへのイエローカードに猛抗議をしたとして、主審から退席処分を命じられる。レフェリーの報告書によると、「おい審判は笛を吹くべきだろ!ちくしょう!」と叫んでいた模様で、ラ・リーガは2試合のベンチ入り禁止処分を決定。これにより、26日にホームで行われるレバンテ戦、10月2日のアウェイ開催のアトレティコ・マドリード戦で欠場となった。

Photo Quality Sport Images

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる