伊賀FCがなでしこリーグ優勝!杉田亜未1G1Aでオルカ下し女王に輝く!

 プレナスなでしこリーグ第19節が25日に行われ、伊賀FCくノ一三重がホームにオルカ鴨川FCを迎えた。

首位伊賀FC、今季最多6発で優勝ほぼ手中に!ASハリマは中野AT弾で劇的勝利

 前節時点で今シーズンわずか2敗と、他の追随を許さない圧倒的な強さで順位表のトップに君臨する伊賀FC。引き分け以上で今節優勝が決定する中、三重県にある上野運動公園競技場で攻勢に出る。少ないタッチで素早くボールを回しゲームを支配すると、サイドからの攻めでチャンスを創出。幾度もシュートを放ち、得点の匂いを漂わせて試合を折り返す。

 後半開始早々から奇襲に出る伊賀FCは、48分に中村ひかるのシュートがクロスバーに直撃すると、こぼれ球に杉田亜未が反応。一度は阻まれるも、再びボールが杉田の足下に転がり、右足で押し込み貴重な先制点を奪う。さらに畳み掛ける伊賀FCは6分後、杉田が後方に落とし森仁美がループシュートを沈めて勝負あり。2発快勝の伊賀FCが、3試合を残し今シーズンのリーグ優勝を成し遂げた。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

学生時代のユニフォームが青と赤、ポジションがMF、背番号8だった事でランパードとジェラードのプレーを見るように。以来プレミアリーグを中心にサッカーを年間約1000試合観戦する東京出身のエディター。

目次
閉じる