B・フェルナンデスPK失敗のマンUが今季初黒星…リバプールは派手な打ち合いの末ドロー

 25日にプレミアリーグ第6節が開催され、マンチェスター・ユナイテッドがアストン・ビラと対戦。リバプールはブレントフォードの敵地に乗り込んだ。

【PLプレビュー】リーグ杯敗退のショックを払拭したいマンU… リバプール南野拓実は今季リーグ初出場なるか

マンチェスター・ユナイテッド vs アストン・ビラ
 ルーク・ショーが前半で負傷退場となるなど、思うような試合展開ができないマンUは、88分にビラに痛恨の先制弾を喫してしまう。それでも後半アディショナルタイム、ペナルティエリア内で相手DFのハンドを誘発しPKを獲得。同点に試合終了かに見えたが、名手ブルーノ・フェルナンデスのシュートは枠外に飛んでいき、0-1でマンUが今シーズン初黒星となった。

ブレントフォード vs リバプール
 27分に先制を許したリバプールは、4分後にディオゴ・ジョッタがヘディング弾をゲット。54分にはモハメド・サラーが逆転ゴールを奪取する。しかし後半は打ち合いの様相を呈し、終盤まで互いにゴールを奪い合う展開に。すると82分に、リバプールが直前に途中出場したばかりのヨアンヌ・ウィザに同点弾を献上。見応え抜群の一戦は、3-3で痛み分けのドローに終わった。

Photo Gareth Copley

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる