インテルがアタランタと痛み分けのドロー ミランがディアス決勝弾で暫定首位浮上

 25日にセリエA第6節が実施され、インテルがアタランタと激突。ACミランがスペツィアと対決した。

インテルが自慢の得点力発揮!好調フィオレンティーナに逆転勝利で無敗キープ

インテル vs アタランタ
 開始早々5分にラウタロ・マルティネスのスーパーボレーで先制に成功したインテルは、30分に同点に追い付かれると8分後に逆転弾を許してしまう。後半に入るとオープンな展開となり、71分にはインテルが波状攻撃からエディン・ゼコがスコアをタイに戻す。終盤にインテルのPK失敗やアタランタのゴール取り消しなど、見どころ満載の一戦は2-2で引き分けに終わった。

スペツィア vs ACミラン
 リーグ5試合負けなしと好調を維持するミランは、スコアレスで折り返した後半開始早々48分に、偉大な遺伝子を継ぐダニエル・マルディーニが待望のトップチーム初ゴールをゲットする。80分に同点に追い付かれたミランは6分後、ブラヒム・ディアスが押し込み勝ち越し弾を奪取。ミランが2-1で白星を挙げ、暫定首位に浮上した。

Photo Marco Luzzani

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる