ナスリが34歳で現役引退を発表… ドーピングによる出場禁止が決断の一因に「モチベーションを保てなくなった」

 元フランス代表MFサミュエル・ナスリは、34歳の若さでサッカー界からの引退を発表した。

【プレミアリーグ】18ヶ月の出場停止処分から復帰したナスリ「セカンドチャンスをもらえて幸運に思う

 ナスリはマルセイユでキャリアをスタートさせたナスリは、アーセナルでプレーした後マンチェスター・シティに移籍。5年間在籍し、2つのプレミアリーグやリーグカップのタイトルを獲得した。その後は、セビージャ、アンタルヤスポル、ウェストハム・ユナイテッドを渡り歩き、2019年に盟友ヴァンサン・コンパニが指揮するアンデルレヒトに加入。2020年に退団し、1年のフリー期間を経て引退を決断した。2018年にはドーピング規定違反で18ヶ月の出場停止処分を受け、世間を騒がしたナスリ。フランスメディアのインタビューで、引退に至った経緯を語った。

「ある出来事が私を傷つけ、サッカーとの関係を変えてしまった。薬物を摂取したわけではないのに、不当な処分を受けた。具合が悪かったからビタミン剤を注射しただけなんだ。アンデルレヒトでは、選手だけでなくスタッフとしての働く考えもあった。コーチをしたかったからコンパニと一緒に学ぼうと思った。だけど計画通りにいかず、コロナウイルスでリーグが中断された。そこから私はモチベーションを保てなくなった。どのチャレンジも合わなかったし、マルセイユでなければフランスに戻る気もなかった」。

Photo Alex Livesey

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

“カンプ・ノウの奇跡”を観てマンチェスター・ユナイテッドの試合が気になるようになる。そこからプレミアリーグを観戦するようになり、同名の飴が好きだった理由でチェルシーのファンに。欧州サッカー漬けでいつか日本と時差が縮まればいいのにと願う東京出身のエディター。

目次
閉じる